corok News Web

このブログは管理人であるcorok-Bbが主観・感想を交えつつ自分の趣味のニュースなどを紹介するブログです。

音圧競争ではなく、YouTubeとかストリーミングのラウドネス規格に負けない曲作りについて

f:id:coroK:20191219142125p:plain



どうもcorok-Bbです、お久しぶりにブログ書きました

この記事はTsukuba DTM Lab. Advent Calendar 2019  19日目の記事です。

 

 

adventar.org

 

随分前なんですが、YouTubeラウドネス規格というものを導入しました

ラウドネス規格とは簡単に言うと、楽曲の音量(db)や音圧(RMS)ではなく、
実際に耳が感じる音の大きさ(LFUS)によってボリュームを調節するというものです

YouTubeだけでなくSpotifyも採用してます
(Spotifyは設定でオフにできますが、デフォルトでオンになってます)

 

補足1

LFUS(Loudness Unit Full Scale)とLKFS(Loudness K-Weighted Full Scale)とは全く同じものを指します

 

 

Loudness Unit Full Scale(LUFS)について

LFUSって言葉を初めて聞く方もいるかも知れませんが、現在ではRMSよりもこのLFUSを基準に様々なレーベルが音を調節してるっぽい

というのも、RMSは低音の音量差に大きく左右されてしまう値だからなんですね

 

こういう低音が出てる曲はRMSが大きくなりますし・・・

 

 

こういうふうに低音を小さくするとRMSは小さくなります

 

なのでRMSの値だけで音量の大きさを考えてしまうと、

低音成分の多い曲は音が小さくなってしまう!

そこで登場するのがLFUSです

 

上2つの動画に注目(注耳?)してもらうとわかると思うのですが、

RMSの値が違うのに音量はだいたい同じくらいですよね?

 

動画の音量がどれくらいYouTube側によって下げられたかどうかは、右クリックメニューの詳細動画情報から見ることができます。

f:id:coroK:20191217083648p:plain

動画詳細情報

これによると・・・

1つ目の動画は元動画の44%の音量が

f:id:coroK:20191219033323p:plain

 

2つ目の動画は元動画の49%の音量が出ていることがわかります 

f:id:coroK:20191219033350p:plain

 

なので単純に音圧(RMS)だけを考えてマスタリングするだけでは、

SpotifyYouTubeラウドネス規格には最適化できないわけです

 

補足2

これを見るに、YouTubeはあくまで音量を下げるだけで、
めちゃくちゃ音の小さい動画を上げても100%は超えないみたいですね

 

とはいえLFUSってどうやって見たらいいの?って感じですが自分はiZotope RX7を使って見てます

f:id:coroK:20191217084932p:plain

f:id:coroK:20191217084956p:plain

上から最大LFUS、短期間の平均最大LFUS、全体のLFUS


※RX7は有料ソフトなので、フリーでLFUSの見ることができるソフトなどあれば教えて下さい

 

 

ラウドネス規格に負けない音楽とは

ようやく本題ですが、単刀直入に結論から申し上げると

 

ラウドネス規格に負けない曲とは

 

2mixの段階でめちゃくちゃキレイな音作り・処理がされている

ブレイクの音量が小さい

ビルドアップの音量が必要以上に大きくない

要曲のダイナミクスが大きい

 

です

 

2mixの段階でめちゃくちゃキレイな音作り・処理がされている

これについては頑張ろうとしか・・・

どう考えてもいらないだろ!って音域をEQとかで削るのを今まで以上に気をつけたほうがいいかもしれません

 

ブレイクの音量が小さい

ビルドアップの音量が必要以上に大きくない

要は曲のダイナミクスが大きい

 

f:id:coroK:20191219041016p:plain

ダイナミクスとは・・・
音の大小の差のこと と捉えてもらえると良いと思います
ダイナミクスが小さい音はミチミチ詰まってる感じですね

 

こっちは比較的簡単に実現できるかもしれません、

極端な例なのですが、普通の音源と、マキシマイザーにオートメーションを書いて無理やりダイナミクスを出した音源を用意してみました

 

普通にマスタリングしたやつ

 

 

↑の動画の音源の波形

f:id:coroK:20191219140912p:plain

f:id:coroK:20191219140925p:plain

 ↓の動画の音源の波形

 

ブレイクのときだけ音圧を小さくしたもの

この2つの音源では、ドロップの音圧は全く一緒になっています。
しかし、ダイナミクスの違いにより全体のLFUSが違うため、
結果的に下の音源のほうが音がでかくなるわけです。

なので、これからの時代はダイナミクスを意識した音作り・ミックス・マスタリングがこれまで以上に重要になってくると思われます。

というか実際クラブミュージックはその傾向が強く、
ブレイクやビルドアップが音抑えめで作られているので、
そこらへんを意識すると今風の音になると思います。

無理にダイナミクスをつけることを意識しすぎて曲として破綻してしまうと元も子もないので、バランスを考えよう

YouTubeに音源を上げたときにあれ?おれの曲小さくね?ってなったときの参考になると嬉しいです 

 

まとめ

2mixの状態でもハッキリ音が聞こえる曲・音が大きく聞こえる曲を作ろう!

 

 

 

 

 

せんんでん

rayshock.net のYouTubeチャンネルよろしく!

f:id:coroK:20191219041555p:plain

https://www.youtube.com/channel/UCdzGTUa-Kkkn5-3x_JFFSog

 

corok-Bbの個人チャンネルもよろしくおねがいします

f:id:coroK:20191219041457p:plain

https://www.youtube.com/channel/UC3rRt-nNxxiw8pd3ea392zA

 

動画の音源「Winterprism」が入ってるCDはこちらです

rayshock.booth.pm

 

太い車